Staff 社員紹介

大藏 誠也
建築本部  建築部  県北建築課  
2014年入社
大藏 誠也

現場で関わるすべての作業員と関わりながら
完成までの工程と安全をチェックしています。

社員インタビュー

  • 仕事内容、やりがい

    分譲住宅の現場施工管理を担当しています。
    家を建てるには、社外の施工業者と協働します。当然多くの作業員の方々が関わってきますので、安全に配慮することはもちろん、当社の家に対する想いを同じくして頂くことが必要です。そのため、施工業者と作業員の方々とコミュニケーションを密に図って、こちらの意図を正確に伝えることを念頭に置いて仕事をしています。

    建物の完成、そして個々の建物が調和して形づくる街並み。ひとつのプロジェクトが完了した瞬間は、大きな達成感を味わうことができます。

  • 仕事を通して成長を実感した瞬間

    建築の仕事は、決して個人でできるものではなく、多くの方々の協力と支えのもとで完遂できるものです。
    施工業者や作業員の方々など多くの方々と話し、状況に合わせて作業や工程を調整する。
    プロジェクトが滞り無く円滑に進んだ時、スキルの成長度合いを感じることができます。

    また、現場の方々から信頼を寄せられた時、現場監督として自分が中心となってプロジェクトを進めていると実感ができ、人間的な成長も確かめられると感じています。

  • 入社を決めた理由

    学生時代の実習で、住宅の施工現場を見学する機会があり、施工管理職に強く興味を持つようになりました。
    住宅建築についての見聞を広め、大きな活躍のステージがある企業を探していたところ、グランディハウスは成長性があり、自分自身のスキルを高められると思い、入社を決めました。

    企業規模が大きいので、入社後には知識の研鑽やスキルの習得をしていく必要性があります。ですが、日々の業務の中でそれらを遺憾なく発揮できるステージが整っているので、入社を決めた時に考えていたことは間違いではなかったと実感しています。

  • オフのときの過ごし方・楽しみ方

    休日はバドミントンを初めとしたスポーツを楽しんでいます。
    バドミントンは、社会人チームに所属。大会にも出場をしています。

    仲間と同じ目標に向かって努力していくことが、仕事に通ずるところがあり、仕事で身につけたコミュニケーション能力が、オフの日にも発揮できていると感じています。

    休みの日を思いっきり楽しむこと。仕事とプライベートのバランスを取ることが、いい仕事をするために必要であると実感しています。

  • 職場の雰囲気、働く仲間

    先輩社員の方々は、豊富な知識と経験を積まれており、私に足りない面をカバーしてくれます。そのため、「わからないこと」「できないこと」は周りを頼ることができる、風通しの良い風土が根付いていると感じています。
    とはいえ、決して慣れ合いの職場ではなく、個人個人が責任感を持って業務にあたっていく。緊張感もあり、自己成長を望む方にはぴったりの職場だと思います。

  • 学生へ向けたメッセージ

    まず、「自分は何を目標に働きたいのか」を明確にすることをおすすめします。
    「どんな仕事をしたい」というwantも当然必要ですが、その前提にある「自分はどうありたいのか」を大切にして下さい。
    自分のありたい姿を見つめ、グランディハウスで実現ができると思えたなら、きっとそれは素晴らしい出会いになることと思います。
    そして、次にお伝えしたいことは、グランディハウスは目標を持つ人にとって、活躍できる場を常に提供できる企業であるということです。スケールとスピード感。このふたつを兼ね備えている企業であるからこそ、成長を望む方にとって、そのステージは際限なく広がり続けます。

ある日のスケジュール

9:00~10:00
社内業務 現場巡回スケジュール確認と検査シートの作成。また、協力業者との電話連絡を行います。
10:00~14:00
品質検査 工程ごとに定められている品質検査を行います。また、設計図通り施工を行う為、業者との現場打ち合わせも実施。合間に昼食休憩を取ります。
14:00~16:00
現場巡回 担当分譲地を回り、工程ごとに進捗状況を把握する。また、安全に作業が行われているか確認します。
16:00~17:30
ミーティング 担当現場の進捗状況を報告し、その後工程の見直しを行います。必要な資材の発注作業も行います。

PAGE TOP