Staff 社員紹介

冨樫 奈美子
開発部  本社開発課  
2015年入社
冨樫 奈美子

家づくりの基盤は私たちから始まる。
責任は大きいけど、そのやりがいはもっと大きい。

社員インタビュー

  • 仕事内容、やりがい

    開発部は、当社の商品である住宅を販売するための分譲用地の購入、購入した用地の造成・許認可業務を行っています。担当エリア内で分譲用地に適した場所を探し、土地を所有されている方に売却してもらえるよう交渉します。
    売却が決まった後は、許認可業務や他部署との打ち合わせ等を行い建築部に業務を引き渡します。土地の所有者の方が大切にされていた土地を手放すことは、大変な判断が必要です。何度も何度も通って、ようやくお話しをさせてもらえることもあります。
    また許認可業務には、たくさんの法律知識・専門知識が必要です。初めて担当現場を持ち、用地購入業務と平行して現場管理をする大変さを実感していますが、まだ知識が浅い中、日々試行錯誤し先輩社員に教えていただきながら自分の知識の引き出しを増やすように意識しています。とても緊張感と責任のある部署ですが、ゼロからひとつひとつ形になっていくことが目に見える仕事なので、とてもやりがいがあります。

  • 仕事を通して成長を実感した瞬間

    今まで先輩に聞いていた知識や業務が、自分の中でひとつずつ増えてくるたび成長を感じています。
    また、地権者の方との交渉の中で話すネタが増え、何気ない話が増えたことも成長のひとつだと考えています。
    自分に足りない知識や経験を身につけ、先輩方に頼らず一人で行える業務を一日でも早く増やしていきたいと思っています。

  • 入社を決めた理由

    学生時代に地域活性化活動をしていたことがきっかけで、「大好きな栃木で街づくりをしたい」と思うようになり住宅業界での就職活動を始めました。
    グランディハウスの開発部は土地の開発・造成に力を入れており、家づくりのスタートを専門的に行う部署があることを知り、会社説明会に参加しました。開発部は創業時から続いている伝統的な仕事であり、とても誇り高い仕事です。
    選考中も内定を頂いてからも総務の方々をはじめ、先輩方が仕事に関する質問や相談等を親身になって聞いてくださったのも大きな決め手です。その際に仕事の楽しさも辛さも話してくださったからこそ、入社してからの仕事のギャップを感じたことはありません。

  • オフのときの過ごし方・楽しみ方

    おいしいものを探し求めるのが趣味なので、休日はよく出かけています。部署関係なく、同期と出かけることが多いですね。まだ宇都宮に来て日が浅いので、地域を知るためにもドライブにも行きます。
    東京へスポーツ観戦に行くこともありますが、家でのんびりすることが一番大好きです。

  • 職場の雰囲気、働く仲間

    私達の代から開発部に女性社員が入社したため、必然的に男性社員が多いです。しかし、働いている中で性別を意識したことはあまりありません。性別関係なく働きやすい部署だと思います。
    基本的に班で行動していますが、班を飛び越えて仕事のアドバイスや相談にのってもらうことも多く風通しの良い部署だと思います。

  • 学生へ向けたメッセージ

    私が就職活動中に大切にしていたことは「自分に正直になること」です。 就職活動中は、「自分のやりたいことってなんだろう」、「自分は本当にこの会社に入りたいのだろうか」等々、たくさん心配や不安が出てくると思います。
    たくさん自問自答して、自分の言葉で綴った答えを出してください。そうすれば自然と、面接やエントリーシートでも印象が残ると思います。自分の言葉で面接官に想いを伝えてください。緊張しても、笑顔を見せることが大切です。

ある日のスケジュール

9:00~12:00
朝礼・ミーティング・事務処理 部署内ミーティングと朝礼で報告・連絡を行います。
その後、今日使用する資料の準備とメールのチェックし業務に備えます。
13:00~16:00
訪問 担当エリアの調査を行います。
自分自身が住みたいと思えるような土地を見つけ出し、そこから地権者の方に交渉を行います。時には長期化することもあり何度も通います。
16:00~17:00
テレコール 交渉を行った地権者の方にフォローのお電話や、エリア巡回の際に気になった地権者の方へのテレコールを行います。大事な交渉になりますので気は抜けません。
17:00~17:30
事務作業 上司への報告や・事務処理を行います。

PAGE TOP